メガネ大学のブログ

メガネかけてますがアホです。かしこくなりたい。

インスタの闇とは

ちょっと前にとあるツイッターユーザーが投稿した写真がちょっとした物議を醸していた。
色とりどりで可愛らしくトッピングされた、いわゆる「インスタ映え」するアイスが食べかけのまま、お店のゴミ箱に捨てられているという写真。

おそらくインスタグラムに投稿するために買ったアイスを、「食べきれない」などといった理由で食べかけのままゴミ箱に捨てたものと見られる。
ネット上では「もったいない」「食べ物を粗末にするな」など否定的な意見がかなり寄せられているようです。
ちなみに昭和生まれの田舎者である僕も大多数のネットユーザーと同じように、この写真を見た瞬間「うわーもったいねー」と正直思いました。


まあ、でもどうなんでしょうね、
実際この件で騒いでるのって、実際のお店の関係者や常連客とかではなく、僕みたいな全く無関係の人間だったりするんですよね。

アイスを購入しなけりゃアイスを捨てることはできないわけで。ってことは一応お店の売上には貢献していますし、彼ら彼女らがインスタに投稿することによって、お店としては更なる売り上げ増が見込めるわけですよね?
またインスタグラマーにも、アイスを食べないことで、「体型維持」・「糖質の過剰摂取の防止」・「ほかの店にハシゴできる」→そんでもって「承認欲求は満たせる」などのメリットがあるわけですよ。


言わばインスタグラマーとこのアイス屋さんはともにWIN-WINの関係にあるんですよね。(お店の人的にはとても悲しい気持ちでしょうが…)


実際に消費を支えているのは、彼ら彼女らインスタグラマーであり無関係の我々はあんまり口を出すべきじゃないんじゃないでしょうか?
「インスタバエ」といった、「いいね」を求めてオシャレスポットに群がり、写真を撮りまくる若者たちを皮肉った言葉も生まれ、なかなか否定的な向きになってきてますけど、あきらかな犯罪行為や迷惑行為以外に対しては、僕はもうほっといてあげたら?と思っています。




言いたくなるけどね。


でもがまん。



このアイスの件だけに留まらず、何にしても、僕のような田舎者のボンクラが未来ある若者たちを圧迫するようなことはあってはならないし、若者たちにはこのような否定的な意見をはねのける気概と感性を持ち続けてもらいたいと思う。















いやしかしもったいないよね。 ←結局言っちゃう



食べ物粗末にしたらバチが当たるぞって、親から育てられた世代だからこの感覚はもう抜けないんだろうなー。