メガネ大学のブログ

メガネかけてますがアホです。かしこくなりたい。

子供の声は騒音か

田舎に住んでいるとあまり実感がわかないのだが、最近ニュースなどでよく聞くのが、保育園の開設計画が近隣住民の反対によって中止に追い込まれるという話題。
反対意見としてよくあげられるのが「子供の声がうるさい」というものである。
待機児童問題を抱えている首都圏や大阪などの大都会では保育士の確保と同時に、保育園の開設というのは喫緊の課題であるが、なかなか簡単に進みそうにはない。

ここでよく議論されるのが「子供の声は騒音なのか?」というものであるが、2歳の子供を抱える自分に言わせてみれば、ハッキリ言って子供の声は騒音であると言える。

まさに読んで字のごとく「騒ぐ音」と書いて騒音だ。

魔の2歳ともいうらしいが、ホントそれ。
現在イヤイヤ期に突入しており、ちょっとでも気に入らないことがあればすぐに大声を出してモノを投げる・テーブルや壁をたたく・ドンドンと足踏みをする。
特にお風呂は地獄だ。
顔に水がかかろうものなら鼓膜が破れるんじゃないかってぐらいの悲鳴をあげ続ける。

これを騒音と言わずして何という。
かわいいわが子でさえ騒音だって思うのに、他人が騒音と思わない訳がない。

未来を担う子供たちの声を騒音と呼ぶのは何事か!って怒る人も多いが、自分には保育園開設反対派の近隣住民の言い分も理解できる。
「騒音である」「騒音ではない」という議論にあまり意味はない。
だって実際うるさいと感じてるんだから。


子供の声はうるさい(と、感じる人もいる)。
ではどうすればよいのか。

まず考えられる方法は、物理的に保育園と地域を分断してしまうこと。

僕は地下に保育園を作ってしまえば良いのではないかと思っている。
地下に保育園を作ってしまえば音が外に漏れることはほぼ無いし、有事の際や災害が起こった時の避難場所としても使える。
実際地上の建物よりも地下室の方が、地震などの災害に強いと言われているらしいので、親としても預け途中に急な地震災害などがあっても安心だ。

ただまあ、法律上の問題とかお金の問題とかあるから実現は難しいよね。たぶん。


もう一つ考えられるのが、保育園と地域のつながりを密接にするということ。
やっぱり子供(というか親)にしても、近隣住民にしても、お互いに全く関係のない他人だと思うから軋轢が生まれるわけで。
普段から密接に関わっていれば当事者意識が生まれてくるし、多少うるさくても我慢しようという気持ちが芽生えてくるのではないかと思う。

共働きで普段忙しくて、休みの日くらいゆっくりしたい。そういう人も多いかもしれないが、我々のような親世代こそ地域のイベントや祭りに参加するとかして、歩み寄っていくことも大事なのかなと思う。


結果的にそうした方が楽になるかもね。

知らんけど。

何か趣味を持ちたいと思う

子供が小さいので難しいけど、何か時間を忘れて没頭できる趣味がほしいと思っている。
いや、スポーツ観戦とか本を読んだりとかそういう小さいささやかな趣味はあるんだけどね。

そういうんじゃなくて、もうちょっと本格的に「THE 趣味!」って感じの趣味が欲しい。
なんかこう、趣味に生きる人って人生楽しんでるって感じがして羨ましい。
所ジョージとかカッコいいもん。やっぱり。

欲を言えばあまりお金がかからず、仕事に活用できるなど実用性があって、世間的にもイメージの良い趣味が良いんだけど中々どれもピンとこない。

みんなどうやって趣味を見つけているんだろうか?
もしかして、他人から「オマエの趣味はコレだ!」って強制されるほうが案外長続きするのかもしれない。
得てして自分に何が向いているのかなんて自分じゃ分からないもの。

時間は有限だ。
自分に合わない趣味を続けて無駄な時間を過ごすのは避けたい。
将来AIとかが発達して、人それぞれ自分に一番フィットする趣味を割り出してくれるような時代になれば良いと思う。
そういうサービスが出たら真っ先に利用する。

とかこんな事でいちいち考えこむような人間はそもそも趣味を持つことに向いてないんだろう。
大人しく間抜け面晒しながら、スキマ時間にセコセコとしょうもないブログを垂れ流す人生がお似合いなのかもしれない。

まあ、どっちにしろ子供が大きくなるまでは考えたところで無駄だし、探して見つかるもんでもないしね。


どこかに良い趣味転がってないかなー。

地元はどこだ

fkey.hatenablog.com

ちょっと前に書いたブログでも触れているのだが、僕には確固たる地元というものが存在しない。(厳密に言えば存在はしているのだが、多すぎて本人はいまいちピンと来ていない)
親が転勤族だったため、生まれてから高校まで横浜・大阪・福岡で過ごし、大学は山口、就職は福岡。
そして現在はいわゆるIターン?ってやつで山口県に住んでいる。

「ご出身はどちらですか?」と聞かれる場面があっても、咄嗟にパッと出てこない。
住んだことのある土地はたくさんあるからだ。

大阪から福岡の学校に転校した時は、関西人としての立ち振る舞いが求められたし、福岡から山口へ移り住んだときは、福岡人としての立ち振る舞いが求められた。
どこの土地に行っても共通するのは、まず「よそ者」として扱われるということ。

まあ、実際によそ者であることは事実なのでイヤとかそういうわけではないのだが、転校してからしばらくの間の、クラスメイトが無理して話を振ってくれたり、やたら優しくしてくれたりっていうのが、何というか申し訳ないような情けないような気持ちになってしまうのだ。今思えばとても有難いことなのだけど。

しかし、そんな転校生フィーバーも最初の数週間だけ。
次の引越し先が決まるまでの間、嫌われないように自分の感情は表には出さず場の空気を読み、周囲が期待するような人間を演じ続ける日々が待っている。
関西人としての自分、福岡人としての自分、そしてこれからは山口県民としての自分を。

自分のアイデンティティーの置き場がよく分からない。どこに帰属意識を持てばいいのかが分からず、日々なんとなく生きている。

よく「地元の幼なじみが~」みたいな会話を聞くと、なんだか羨ましい気持ちになる。
幼稚園から大人になるまでずーっと一緒!みたいな友達というのははっきり言っていない。

もちろん大人になってからでも友達は作れるわけだし、中学時代・高校時代・大学時代それぞれの友達で今でも付き合いのある親友は少ないながらもいる。
ただ、物心つく頃からいつの間にか築き上がってる友情と、ある程度大きくなってから築き上げる友情とではなんと言うか、うまく言い表せないけど濃度が違う気がする。
どっちが良い・悪いとかそういうことではないんだけれども、なんとなくそういった関係に憧れている自分がいる。

無条件で誰とでも仲良くなれるというのは、子供にのみ与えられた特権だと思う。
この年になってしまうと、むしろ他人と深い関係を持つことが怖いのだ。
大人になると、それぞれの立場とかしがらみとか色々あるしね。

そしてそれと同じように、マイホームを持ってしまうこと。つまりその土地に深く根ざしていくということに漠然とした不安感がある。
おそらくこの感覚はずっと自分の意識から抜けていくことはないだろう。


ただ、ここまでネガティブな事ばかり書いてきたけど、これらはある意味自分の強みでもあるとも思う。
土地に縛られないというのは、身軽でいられるということだ。

今の仕事を定年まで続けたのち、トレーラーハウスとかで日本中移動しながら暮らすというのも面白そうだ。
そもそも日本という国にこだわる必要もないじゃないか。
新婚旅行で行ったパラオにもう一度行ってみたい。
まだ一度も行ったことのないヨーロッパなんかも良いな。

夢は無限に広がっていく・・・

・・・が、残念ながらお金は有限だ。海外移住は現実的に考えて難しいだろう。
トレーラーハウスくらいが一番現実的かも。(それでも結構なお金が必要だろうけど)


一つ気がかりなのは、子供の存在。
まだ2歳だけどいずれ大人になって親元を離れ、都会の方へ移り住んでしまうかもしれない。
もしもそこで辛いことがあったときに帰れる地元がないというのは可哀相だし、親として申し訳ない。

そういうことを考えるとやっぱりマイホームはあった方が良いのかな、なんて思ってしまう。


難しいところだ。

初めての台湾旅行

いつか行ってみたいなーと思いつつ、なかなか行けなかった台湾。
今回初上陸です。


特に思い出深かった場面や箇所などを貼っていこうと思います。



f:id:fkey:20170908174433j:plain

福岡空港から桃園空港まで約2時間ちょい。機内で映画見てたらあっという間。



f:id:fkey:20170908173833j:plain
f:id:fkey:20170908173838j:plain
f:id:fkey:20170907180814j:plain

まだあんまり外国に来た!って実感が湧かない。

f:id:fkey:20170908173859j:plain

高速で台北市内へ向かいます。
なんだかおどろおどろしい風景。徐々に外国に来たんだって感覚になってきた。

f:id:fkey:20170907180830j:plainf:id:fkey:20170907180847j:plain

まずは中正紀念堂
スケールがでかい。衛兵交代も見れます。



f:id:fkey:20170907180905j:plainf:id:fkey:20170907180921j:plain

迪化街。
古い問屋街です。乾物やら民芸品やらなんでもあります。ちょこちょこ食べ物屋の屋台なんかもあります。

f:id:fkey:20170909083529j:plain

肉まん20元。だいたい75円くらいかな?
胡椒が効いていてなかなかgood。




f:id:fkey:20170907180934j:plainf:id:fkey:20170907181050j:plainf:id:fkey:20170910204750j:plain

士林夜市
台湾最大級の夜市です。とりあえず地下で晩ごはん。

f:id:fkey:20170907181002j:plainf:id:fkey:20170907181012j:plainf:id:fkey:20170907181029j:plainf:id:fkey:20170910204822j:plain

なんというか、行き交う人の汗やら臭豆腐やら得体の知れないものがミックスされた独特のニオイが充満しています。



f:id:fkey:20170907181036j:plain

とりあえずビール!
台湾ビールは日本のビールに比べて苦味が少なく、水みたいにどんどん飲めてしまうので注意。

f:id:fkey:20170907181123j:plain

牛肉麺
中サイズでだいたい750円くらい。(200元)


f:id:fkey:20170907181132j:plain

小龍包!
これも200元。


f:id:fkey:20170907181231j:plain

ニンニク爆弾こと空芯菜炒め!
これは小サイズで100元。


みんなおいしかったです。ただ牛肉麺八角のにおいがきつかったので、好き嫌いが分かれそう。僕は大好きですけどね。


f:id:fkey:20170907181058j:plain
f:id:fkey:20170909090922j:plainf:id:fkey:20170909091006j:plain

ちなみに地上はお土産屋さんとか、ゲームの屋台とかが多いです。


f:id:fkey:20170907181321j:plainf:id:fkey:20170907181304j:plainf:id:fkey:20170910205144j:plainf:id:fkey:20170908180249j:plain
f:id:fkey:20170910201550j:plainf:id:fkey:20170909100925j:plainf:id:fkey:20170910201740j:plain

2日目は例の場所です。
雰囲気ありますね。
食べ物屋の屋台や土産物屋がたくさん。


f:id:fkey:20170907181637j:plainf:id:fkey:20170907181352j:plainf:id:fkey:20170910205211j:plainf:id:fkey:20170907181621j:plainf:id:fkey:20170907181336j:plain

猫はもちろん犬も放し飼い。
それにしても「CONDOM WORLD」の存在感よ。



f:id:fkey:20170907181550j:plain

クレープうまそう!

f:id:fkey:20170907181605j:plain

パクチー入りかい。やめた。



f:id:fkey:20170907181744j:plainf:id:fkey:20170907181832j:plain

バスからの景色を楽しみつつ、台北市街に戻ってきました。
公館夜市という夜市に行ってみることに。ここは大学が近いので観光客向けというより地元の若者向けの夜市って感じです。

f:id:fkey:20170907181801j:plain

台湾のシャンプーは気持ちいいとの噂を聞いていたので、とりあえず美容院へ。
今までされてきたシャンプーの中で一番気持ちよかったです。ちなみにシャンプーのみで200元。


f:id:fkey:20170907181719j:plain

ViViも置いてます。


f:id:fkey:20170908181511j:plainf:id:fkey:20170907181848j:plainf:id:fkey:20170907181857j:plain

クラフトビール屋さんがあったので入ってみる。
ビールうめい。


f:id:fkey:20170910201853j:plain

モヤさまでお馴染みの千円自販機ならぬ100元自販機。

f:id:fkey:20170910202015j:plain

自撮り棒が当たりました!


f:id:fkey:20170907181958j:plain
f:id:fkey:20170909092803j:plain
f:id:fkey:20170907181942j:plain

3日目最終日。まずは忠烈祠へ。
衛兵交代を見てきました。暑いのにご苦労様です。


f:id:fkey:20170909092400j:plain
f:id:fkey:20170909092502j:plain

故宮博物院
バッチリ白菜も撮れました!





昼飯は鼎泰豊行ってきたけど写真忘れた。



とりあえず以上です。あっという間の2泊3日。



しかしなんというか良いですよね。台湾。

中国の文化をベースに日本やら原住民族やら欧米の文化、色んなモノを飲み込んでいく台湾の懐の深さ。
ヨーロッパの整然とした街並みも綺麗だけど、こういういかにもアジア!って感じのゴチャゴチャした街並み。病み付きになりそうです。

と言っても今回見て回ったのは台北周辺のみ。
高雄や台中にも行けてませんし、台北にもまだまだ面白い場所が隠れているはず。



行ってきたばかりなのに、臭豆腐八角の香りがもう恋しい。
またいつか来よう。




あと残りの写真

f:id:fkey:20170909092957j:plain
f:id:fkey:20170909092859j:plainf:id:fkey:20170909092925j:plain
f:id:fkey:20170909100837j:plainf:id:fkey:20170911103411j:plain


おしまい

カシミールカレーを食べてきた

廿日市小瀬川温泉周辺にやたらオサレなカフェテラスがあるということで行ってきました。


186号線をずんずん進んでいくと

f:id:fkey:20170823113625j:plain

川がきれい。



f:id:fkey:20170823113734j:plain

あったぞー!



f:id:fkey:20170823113943j:plain

カシミールカレーとな。



f:id:fkey:20170823114048j:plain
f:id:fkey:20170823114114j:plain
f:id:fkey:20170823114138j:plain

「カフェテラス北山」というお店。
統一感のある落ち着いた雰囲気の店内です。



f:id:fkey:20170823114328j:plain
f:id:fkey:20170823114347j:plain

川も近いし涼しげだったので、テラス席に座ります。
注文はおススメのカシミールカレーで。(と言っても食事メニューはこのカシミールカレーと薬膳カレーの2つのみ)



f:id:fkey:20170823114507j:plain

カシミールカレー来ました。見た目はサラサラのスープカレー

ちょいピリ辛で、鶏肉がホロホロでおいしかったです。ごはんにすんごい合う!





カシミール地方といえば、インドとパキスタンの国境地帯だ。

これはインド風のカレーなのか。はたまたパキスタン風のカレーなのか。



考えてもよくわかんなかったので調べてみたのですが、実はカシミールカレーというものはカシミール地方に存在するカレーではなく、東京上野の老舗カレー屋である「デリー」の看板メニューのことだそう。

ここから液体状のサラサラとした辛口カレーのことをカシミールカレーと呼ぶようになったのだそう。




なんだそりゃ。



でも美味かったので良しとする。

ごちそうさまでした。



いつかは本家のカシミールカレーも食べてみたい。

素人感丸出しの沖縄旅行

お盆休みに沖縄行って来ました。

なんてこと言うと旅行の達人の方々に「お盆休みに沖縄とかド素人かよ。頭湧いてんの?」なんて言われちゃいそうですが、まとまった休みがとれるのお盆と正月くらいなんだからしょうがないじゃん。

しかも海で子供泳がせようと思ったら、もうこの時期しかないんですよね。

なのでお許しくださいませ。







沖縄に行くのは今回で二度目。
といっても前回は仕事の関係で行ったので、純粋な観光目的での沖縄は初めてです。


ってことで、素人感丸出しの旅行を振り返ろうと思います。









f:id:fkey:20170819085005j:plain

福岡空港から出発。
前回使った岩国-沖縄便ではアメリカ人の軍人さん(っぽい人)が結構乗ってたのですが、さすがに今回は家族連れやカップルが多かった。





f:id:fkey:20170819085448j:plain
f:id:fkey:20170819085527j:plain
f:id:fkey:20170819085507j:plain

国際通り牧志公設市場あたりをふらふら。





f:id:fkey:20170819085851j:plain
f:id:fkey:20170819085906j:plain

公設市場の2階には食堂もあります。
写真はソーメンチャンプルーとラフテー

ソーメンチャンプルーは椎名誠のエッセイにも出てきますよね。うまかった。





f:id:fkey:20170819095948j:plain
f:id:fkey:20170819100020j:plain
f:id:fkey:20170819100235j:plain

2日目。

まずは首里城
残念ながら正殿は改装中。





f:id:fkey:20170819100329j:plain
f:id:fkey:20170819100346j:plain
f:id:fkey:20170819100406j:plain

美浜アメリカンビレッジ
どことなくアメリカの西海岸を思わせるゆったりした雰囲気の施設です。
ショッピングや食事が楽しめます。





f:id:fkey:20170819100818j:plain
f:id:fkey:20170819100832j:plain
f:id:fkey:20170819100851j:plain

3日目。

恩納村方面へ車を走らせます。

シーサイドドライブインのスープ。
NHKのドキュメンタリー「72時間」でも取り上げられた有名なスープ。
正直、この旅行で一番美味かったのはこれかもしれない。コショウも忘れずにね。





f:id:fkey:20170819101316j:plain
f:id:fkey:20170819101903j:plain

ムーンビーチ。
どこまでも続く空と海の青さよ。





f:id:fkey:20170819101441j:plain
f:id:fkey:20170819101458j:plain

泳いだ後は万座毛へ。
絶景!





f:id:fkey:20170819101926j:plain
f:id:fkey:20170819101944j:plain
f:id:fkey:20170819101959j:plain

沖縄最終日の晩餐は国際通りのステーキハウス88で。
脂身のない赤身肉を酸味たっぷりのステーキソースで頂く。

アメリカ人が日常的にステーキ食べても平気な理由がわかった気がします。
200gはちょっと大きすぎたかな?と思いましたが思いのほかサッパリしてたので、ペロッと平らげてしまいました。

翌日も胃もたれなし。一応太田胃散持ってきたんですが、必要ありませんでした。





f:id:fkey:20170819102752j:plain

4日目。
さらば沖縄。





f:id:fkey:20170819102819j:plain

福岡空港に到着。
お疲れ様でした。

スターウォーズのラッピング飛行機だったんですね。降りてから気付きました。









こんな感じです。

次行くときは名護のあたり中心に攻めてみたいですね。

子連れ狼 in すき家

休みの日、妻が一人になりたいって言うもんだから、娘と二人でふらふら出かけたりすることがたまにあるんですよ。
そんで、公園に行ったり近くの海の砂浜で遊んだりして一日過ごすんですけど、メシをどうするのかって問題が出てくるわけです。

こういった時に非常に頼りになるのがやはりチェーン店。
チェーン店であればだいたい子供メニューもあるし、しかもオモチャがついてくることも多い。


では数あるチェーン店の中からどの店を選べば良いのか?


ほっといても一人でこぼさず上手にスプーンやフォークが使える幼稚園児くらいの年の子であれば良いんですよ。ファミレスでも。

ただ僕らみたいに父一人幼子一人ってケースであればファミレスのソファー席はちょっと広すぎる。
口のまわりや手を拭いたり、落とした食べ物を拾ったりと、2歳前後の子供って色々とやってあげないといけないことが多いんですよね。


リーズナブルかつ向かい合っても子供の世話がしやすい店はどこか?


それはズバリ「すき家」でしょう。




なんと言っても早い・うまい・安い。
そんでもって、向かい合っても手が届きやすい・子供メニューあり・オモチャ付き。
と、三拍子どころか六拍子そろった子連れのおっさんの強い味方。
子供メニューも鳥そぼろ丼にカレーなど、幼児でもスプーンですくって食べやすいものがあるのが非常に助かります。
二人で腹一杯食べて千円いかないのでお財布にも優しいですしね。


最近だと深夜のワンオペ問題などもあり、すき家や牛丼屋業界についてあまり良い話を聞かないことも多いですが、これからも庶民の財布に優しく、かつ従業員に優しい企業として頑張って欲しいと思う今日このごろ。





なんかステルスできてないステマ記事みたいになってしまったけど、これが正直なところです。

家族三人で行くならファミレスでもええんやけどね。